summer pockets

Key作品といえば,Kanon,Air,Clannad,Little bustersあたりが有名だろうか.その後に出た,RewriteやAngel Beats,charlotte などはいまいち話題にならなかったように思う(実は知らない間にHarmoniaというが出てたみたいだが).ただ,Litlle bustersは今からすでに10年ほど前の作品であり,その後に出た作品がどれも不発に終わっていることを考えれば,Keyに昔ほどの勢いはないだろう.

ところが最近Keyから発売されたSummer pocketsがものすごい高評価を得ていることをレビューで知り,興味本位でやってみることにした.以下はその感想である.

Air,Clannadのいいとこ取りをした作品

やり終えて最初に思ったのは,これは鍵好きが好きそうなお話だなという印象だった.Key作品といえば,微妙にファンタジー要素を含みながら,でも基本は日常を描いたようなものが多い.この作品も例に漏れず,島にまつわる秘密を軸に各シナリオが描かれている.だーまえが原案とはいえ,シナリオライターが別であることを考えれば,今までのKey作品を踏襲して書いたように感じられる.特に,Clannadの影響はもろに受けていて,メインヒロインからグランドルートに至るまでの一連の流れは,Clannadで出てきた演出を組み合わせて作られたように思われる.そのため,Clannadの内容を知っていると,Summer pocketsは全体的に二番煎じ感があり,よくできたKey作品という印象が拭えない.逆に言えば,Key作品としてSummer pocketsから入った人であれば,そういう前知識がないぶん,話をすんなり受け止められるのではないだろうか.それに,二番煎じとはいえ,シナリオ全体の出来は非常によく,名作と呼ばれる所以がよく分かる.シナリオのできが良かっただけあって,やはりもう少しオリジナルティがあっても良かったなと思わざる得ないのが残念だ.

Key作品でおすすめは?と聞かれたら進められる作品

今までであれば,Key作品でおすすめは?と聞かれれば,やはりClannadやLittle bustersなどを勧めていただろう.しかし,これらの作品はやはり古くなってきているし,かと言ってRewriteやAngel BeatsなどはKeyらしくなかったり,内容的にイマイチだったりと問題があった.それに対して,今回のSummer pocketsは過去のKey作品のいいところを引き継ぎながら,現代版として甦った作品だ.長さ自体も,過去のKey作品と比べれば比較的短いが,かといって別に不十分というほど短いわけでもない.したがって,おすすめのKey作品として名を挙げやすい作品になっているのではないかと思う.

総評

このところ不調続きだったKeyだが,ここに来てSummer pocketsという名作を生み出した.全体として二番煎じ感があったとはいえ,過去のKeyのいいところが全面的に出たいい作品になっていると思う.この追い風に乗って,良い作品を更に生み出してもらえればと思う次第である.

内容についてどう思いますか?
  • いいね (1)
  • だめ (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA